日本受精着床学会

MENU

総会・学術講演会

コンテンツメニュー ▼

日本受精着床学会学術貢献施設認定

2021年度 日本受精着床学会学術貢献施設認定の募集

日本受精着床学会
理事長 細井 美彦

本学会では、積極的に本学会学術講演会での発表を指導している施設を日本受精着床学会学術貢献施設として認定致します。認定された施設は、学術講演会期間中に授与式を行い、認定証を授与致します。今回は昨年度に引き続き第3回目の募集となり、皆様の応募をお待ち致しております。希望される場合には必要書類を添えて郵送もしくはE-mailで事務局に送付してください。

1)認定対象

申請年から遡り、連続10年、1演題以上(各種講演・シンポジウム・セミナーを含む)を発表した者が所属する施設。各演題の発表者が異なる場合でも、申請可能とします。

《学術貢献施設認定申請に関する認定対象の例外措置について》

※日本受精着床学会学術貢献施設認定細則では「申請年から遡り、連続10年、1演題以上(各種講演・シンポジウム・セミナーを含む)を本学会が主催する学術講演会で発表した者が所属する施設を認定する。」となっております。しかし2020年のコロナ禍で発表が出来なかった施設があったことを鑑み、2021年度以降の募集については2020年に限り発表実績がなくても2020年を除いた前後の年で連続して10年、1演題以上発表実績のある施設は認定申請の要件を満たすものとします。尚、2020年に発表実績のある施設は通常通り連続10年、1演題以上で認定申請の要件を満たすものとします。

2)申請資格

申請者が当該施設に所属する正会員または名誉会員であること。

3)必要書類

4)応募締め切り:2021年12月17日(金曜日)(必着)

※申請書が事務局に届いた日を受付日とし、この日を以て受領通知として申請者にメールで連絡致します。

5)認定方法

学術常務理事が書類審査を行い、通信理事会で正式に決定致します。

6)送付先・問い合わせ先

〒106-0041 東京都港区麻布台1-11-9 BPRプレイス神谷町(株)コンベックス内
日本受精着床学会事務局 内 日本受精着床学会学術貢献施設認定係
TEL:03-3505-1626 E-mail:jsfi@convex.co.jp
※送付後、1週間以上連絡がない場合は恐れ入りますが、お問い合わせいただきますようお願い致します。

細則

日本受精着床学会学術貢献施設認定 細則(全1ページ/233k)
このページの先頭へ
Copyright © 日本受精着床学会 All rights reserved.