日本受精着床学会

MENU

ART生涯研修コース

コンテンツメニュー ▼

「日本受精着床学会 第15回 ART生涯研修コース」開催のご案内

12月5日(水曜日)10時受付開始

※受付開始前のお申し込みはご遠慮ください。

開催趣旨

本コースは、本学会が更なるARTの向上に貢献するために、ART施設におけるドクターやラボスタッフの再教育プログラムをめざして毎年開催しております。講演会はARTの現状に鑑み、受精着床に関する分野の基礎的内容や最新のトピックを平易に解説し、明日からの臨床に即役立つプログラムとなっております。また、実技研修として「ICSI」、「Piezo ICSI」と「受精卵・卵子凍結保存」の実技講習も開催致します。
受講者には修了証書を発行致します。なお、本コースを受講すると、生殖補助医療胚培養士(一般社団法人日本卵子学会)、生殖心理カウンセラー、不妊相談士(日本生殖心理カウンセリング学会)、認定臨床エンブリオロジスト(日本臨床エンブリオロジスト学会)資格更新の要件に加えられ、不妊認定看護師(日本看護協会)の資格更新認定要件候補として提出できます。どうぞ奮ってご参加ください。

開催概要

1.実技研修(①ICSI / Piezo ICSI /②受精卵・卵子凍結保存)

  • 日時
    2019年2月23日(土曜日)9:00~12:00 / 13:00~16:00
  • 会場
    オリンパス・テクノラボ/会議室(東京都新宿区)
    http://www.olympus.co.jp/jp/contact/list/map_format.jsp?site_id=8685
  • 対象
    医師、看護師、胚培養士、臨床心理士、薬剤師、その他ART従事者、発生学者、学生
  • 参加費
    1)ICSI    会員・学生共通 25,000円 非会員 30,000円
    1)Piezo ICSI 会員・学生共通 28,000円 非会員 33,000円
    2)受精卵・卵子凍結保存 会員・非会員・学生共通 20,000円

2. 講演会

  • 日時
    2019年2月24日(日曜日)9:15~16:00(受付開始 8:40~)
  • 会場
    JA共済ビル カンファレンスホール(東京都千代田区)
    http://www.jankb.co.jp/index.htm
  • 対象
    医師、看護師、胚培養士、臨床心理士、薬剤師、その他ART従事者、発生学者、学生
  • 参加費
    会員 15,000円 非会員 20,000円 学生 10,000円

プログラム詳細

1.実技研修(①ICSI / Piezo ICSI ② 受精卵・卵子凍結保存)

①ICSI / Piezo ICSI

浅田義正先生をはじめ経験豊かな講師陣が顕微授精未経験者から経験者まで、ICSIのノウハウを伝授致します。

  • 日時:2019年2月23日(土曜日)
    [ICSI 1 / Piezo ICSI 1] 9:00~12:00(受付開始 8:45~)
    [ICSI 2 / Piezo ICSI 2] 13:00~16:00(受付開始 12:45~)
    ※コース1、2は同じ内容です。
  • 定員
    ICSI    各8名(4名×2グループ)×2回 計16名
    Piezo ICSI 各8名(4名×2グループ)×2回 計16名
  • 講師
    全体総括 栁田  薫 先生(国際医療福祉大学)
         浅田 義正 先生(浅田レディースクリニック)
    実技担当 内山 一男 先生(加藤レディスクリニック)
         菊地 裕幸 先生(仙台ARTクリニック)
         武田 信好 先生(ARTラボアシスタント):Piezo ICSI 担当
         渡邉 英明 先生(神奈川レディースクリニック):Piezo ICSI 担当
  • プログラム
時間 内容
コース1 コース2
9:00~9:30 13:00~13:30 レクチャーポイントガイダンス
9:30~9:45 13:30~13:45 セッティング確認
9:45~10:30 13:45~14:30 精子不動化
10:30~11:45 14:30~15:45 精子注入
11:45~12:00 15:45~16:00 まとめ
  • 備考
    1.白衣およびピペットは会場にてご用意致します。マウスピースはご持参ください。
    2.研修内容の時間工程は目安です。
    3.インジェクターは空圧タイプを使用致します。

②受精卵・卵子凍結保存

近年日本のARTでは凍結受精卵の児が顕著に増加し、受精卵凍結の重要性が増し、Vitrification等様々な進歩を遂げております。また、最近がん生殖医療が注目を集めるようになり、卵子凍結もARTにとって必要不可欠なものとなっております。本コースでは、最近の凍結方法を加藤恵一先生はじめ経験豊かな講師陣を迎え、その実際のコツなどを伝授していただきます。

  • 日時:2019年2月23日(土曜日)
    [受精卵]
    9:00~12:00(受付開始 8:45~)
    [卵子]
    13:00~16:00(受付開始 12:45~)
  • 定員:各12名(4名×3グループ)×2回 計24名
  • 講師
    全体総括 加藤 恵一 先生(加藤レディスクリニック)
    実技担当 薮内 晶子 先生、上野 智 先生(加藤レディスクリニック)
         桑山 正成 先生 (株式会社リプロライフ)
受精卵
9:00~12:00
卵子
13:00~16:00
使用機材
グループ1,2 株式会社北里コーポレーション
グループ3 株式会社リプロライフ

※お申込の際は、使用機材・凍結方式を考慮の上、ご希望のグループを選択ください。

  • 備考
    白衣は会場にてご用意致します。

    ※当日の撮影などについて
    研修風景を撮影すること、参加者の情報を共催企業へ提出することがあります。ご承諾いただけない場合は事務局宛にご連絡ください。ご承諾いただけない場合でも研修内容は変わらず、受講者の不利益になることは一切ありませんので安心してお申し出ください。

2.講演会

  • 日時
    2019年2月24日(日曜日)9:15~16:00(受付開始 8:40~)
  • 定員
    200名(定員に達し次第、申し込みを締め切らせていただきます。)
  • テーマ
    「ART Labo技術の最適化と生殖医療最前線」
  • プログラム
時間 講師・内容
9:15~9:20 開会の挨拶 吉田 仁秋 先生(仙台ARTクリニック 理事長)
シンポジウム 1「PIEZO ICSIは有用な技術か」 司会:向田 哲規 先生
9:20~9:40 イントロダクション「ART Labo Approachの進化・発展」
向田 哲規 先生(広島HARTクリニック 院長・理事長)
9:40~9:55 神奈川レディースクリニックにおけるPiezo ICSIの実際
渡邉 英明 先生(神奈川レディースクリニック 胚培養士)
9:55~10:10 全例Piezo ICSIを確立するまでの経緯
寄田 朋子 先生(広島HARTクリニック 胚培養士)
10:10~10:25 通常ICSIとPiezo ICSI
平岡 謙一郎 先生(亀田総合病院 ARTセンター 副センター長)
10:25~10:40 通常ICSIからの立場より
福永 憲隆 先生(浅田レディースクリニック 胚培養士)
10:40~11:00 Coffee Break
11:00~11:20 Clinical applications of polarization microscopy in IVF
Dr. Markus MONTAG (ilabcomm 社 CEO)
11:20~11:40 PolScopeのART Laboでの実際とその成績について
泊 博幸 先生(アイブイエフ詠田クリニック 胚培養士)
11:40~12:00 Polscope ~当院での活用法と実際~
米本 昌平 先生(セントマザー産婦人科医院 胚培養士)
ランチョンセミナー  司会:栁田 薫 先生
12:00~12:50 マウス皮膚幹細胞より精子・卵子の作製
林 克彦 先生(九州大学院医学研究院ヒトゲノム幹細胞医学分野 教授)
シンポジウム2「Time lapse cinematography, Characteristics of Embryo Scope+ 」
司会:杉下 陽堂 先生
13:00~13:30 Clinical relevance of EmbryoScope Time-lapse system in IVF
Dr. Markus MONTAG (ilabcomm 社 CEO)
13:30~14:00 当院におけるタイムラプス活用法と課題
菊地 裕幸 先生 (仙台ARTクリニック 胚培養士)
14:00~14:30 ARTとエピジェネティクス
川井 清考 先生(亀田総合病院 生殖医療事業管理部長)
14:30~14:50 Coffee Break
14:50~15:20 着床不全に関連すると考えられる生殖器細菌叢の最前線
市山 卓彦 先生(順天堂大学医学部産婦人科)
15:20~15:50 PGT-Aの最近の知見
絹谷 正之 先生(絹谷産婦人科 院長)
15:50~15:55 第16回ART生涯研修コース プログラム委員長挨拶(三谷 匡 先生)
15:55~16:00 閉会の挨拶 三谷 匡 先生(近畿大学生物理工学部遺伝子工学科 教授)

共催企業(五十音順)
ヴィトロライフ株式会社、株式会社北里コーポレーション、フェリング・ファーマ株式会社、富士製薬工業株式会社

参加申込方法

12月5日(水曜日)午前10時より受付を開始致します。参加申込書に必要事項をご記入頂き、事務局宛メールjsfi@convex.co.jpまたはFAX(03-5425-1607)にてお申込ください。受領後事務局より、参加費お振込に関するご案内をお送り致します。ご案内に記載された期日までにお振込みいただけない場合、お申込が無効となる場合がございますので、予めご了承ください。参加確認書はご入金後、開催2週間前までにお送りさせていただきます。各コースとも定員になり次第締め切らせていただきます。

  • 参加申込書(PDF)(全1ページ/314k)
    ※12月5日(水曜日)午前10時より受付を開始致します。

お問い合わせ

日本受精着床学会「第15回ART生涯研修コース事務局」

このページの先頭へ
Copyright © 日本受精着床学会 All rights reserved.