日本受精着床学会

MENU

患者様へ

生殖補助医療技術 ARTって何?

コンテンツメニュー ▼

Q15. ARTの費用を教えてください。社会保険は使えますか?

 ARTは保険診療の対象外となっており、採卵などの準備として行う術前検査から基本的に自費診療となります。採卵および顕微授精などの技術料や胚などの培養管理などに要する諸経費、さらに排卵誘発や黄体補充などに使用する薬剤料などが加算され、かなりの金額の負担が生じます。全体として数十万円以上かかることがありますが、施設ごとに異なりますので各クリニックのホームページなどで確認してください。
 ARTは保険適応外治療ですが、少子化対策の一環として都道府県および市区町村からの助成金(特定不妊治療助成金制度)を受けられる場合があります。助成金は、ご夫婦の所得合算額や、妻の年齢で支給制限があります。お住まいの保健所や市区町村の行政窓口で詳細をお尋ねください。

(2017年7月7日 公開)

  • 前の質問
  • 質問一覧
このページの先頭へ
Copyright © 日本受精着床学会 All rights reserved.